子育て看護師、ブランクからの復職

1歳・4歳・小学校2年生の3人のお子さまを抱えるママさんナースで10年のブランクがある看護師の復職について考えてみましょう。

ブランクが長くなればなるほど医療の世界は変わっており記憶にあるイメージとは違ってくるでしょう。 「体が覚えているから大丈夫」なんて思って復職しても物品が違ったりしますが、すぐに慣れます。 分からなければ聞けば良いだけです――1から学ぶつもりでこなせば乗り越えられることです。

そういったことよりもブランクが長くて厄介なのは年齢とポジションの不一致の問題で、外見はベテランであっても復職した勤務先では新人と同じポジションであることです。 職場経験が長い看護師を先輩と考えれば先輩の半数以上が年下であることも珍しくないでしょう。

あなたが年下の先輩に「教えてください」と言えるかどうかが成功の鍵を握っています。 若くても意地悪な人はいますし敬語など使ってもらえるなんて考えないほうが良いです。 ブランク時に会得したコミュニケーション能力を発揮して怒りを押さえながらコツコツと知識と手技の習得に励みましょう。

また以前経験したことがある病院や診療科目の復職は歓迎されやすいです。 将来的に目指したい施設や診療科目があるならば、まずは慣れた分野で仕事に慣れ数年後にステップアップを考えましょう。
http://xn--3-8f7a94txzhys7atdmqyr.com/

次に子育てとの両立について考えてみましょう。 幼いお子さまがいる場合は保育園の利用になるのが一般的ですが、幼い間は体調も崩しやすいですから無理のない勤務条件を優先させましょう。

例えば週3回で3時間勤務の場合ならば午後2時には帰宅できるます――こんな短時間勤務の求人募集もあるのが看護師の強みでもあります。お子さまの成長に合わせて勤務を増やしていく方法もあります。夜勤はできないけど正社員で働きたいと言う方は、日勤常勤看護師という働き方もあります。

復帰して仕事を覚えるまでは大変でしょうし、家事・育児・仕事のバランスに慣れて家族全員がそのリズムに慣れるまではそれなりの時間がかかります。 リハビリ期間と割りきって無理のない勤務からリスタートするのが失敗しない復職方法です。
愛媛県看護協会

保育所に預けていればお子さまがいることで敬遠されるケースはないでしょう。 逆に雇用側は<今後、妊娠する予定がないかどうか>を気にしています。 採用しても妊娠によって退職されるケースが少なくないのが理由です。 面接の時に妊娠の予定がないことを強調して妊娠しないように心がけましょう。