うつ病になる看護師の実態

うつ病になる前に、今の環境から抜け出しましょう!

うつ病になる看護師の実態

以前から、仕事のストレスや過酷な労働環境などが原因で、うつ病を患う看護師は存在しました。しかし、最近はより多くの看護師がうつ病で苦しんでいるといわれています。

原因は様々で、人間関係からはじまり、労働環境の過酷さなど多岐に亘りますが、直接患者さんの命を預かる仕事でもあるため、元々精神的にかなりの負担が掛る仕事であることも深く関係しているでしょう。

人の命を預かる現場で働くのが、看護師という職業だと言ってしまえばそれまでですが、医療事故を起こさないように、細心の注意を払いながら毎日働いているわけです。精神的に負担が掛らないわけがありません。

また、時には簡単な処置で終わることもありますが、簡単な仕事ばかりではありませんし、非常に緊迫した雰囲気の中、集中して働かなければならないこともあります。 もちろん、職場によって労働環境が大きく変わってくることは、言うまでもありませんが、看護師の仕事は精神面の負担だけではなく、肉体的な負担も大きいといわれています。

例えば、クリニックなどで働く看護師の場合、残業はあっても当直や夜勤はまずないため、生活のリズムが大きく崩れることはありません。しかし、病棟勤務や総合病院での勤務となると、交代制での勤務となるばかりか、当直や夜勤もあります。ですから、生活のリズムが常に不安定なのです。

ようするに、労働環境の過酷さや、日々の業務内容からくる精神的負担やストレス、場合によっては人間関係の複雑さなどを一度に抱えてしまった結果、最終的にうつ病を患ってしまうということになります。

では、うつ病を防ぐためには、どうしたら良いのでしょうか。それにはまず、我慢をしないことが一番重要だといえそうです。どんな仕事でも、理不尽なことがあったり、辛いことはありますが、うつ病を患うまで我慢してはいけません。

早い段階で環境を変えてみることにより、うつ状態が劇的に改善することは良くあることです。ですから、症状が深刻化する前に、早めに専門医の診察を受け、退職するなり一定期間休んでから復職するなど、手を打つ必要があるでしょう。