看護師の転職活動2パターンのメリット・デメリット

忙しい看護師でも効率よく転職活動を進めるには?

看護師の転職活動2パターンのメリット・デメリット

看護師が転職を考える時のパターンとして<退職してから転職活動をする方法>と<退職せずに仕事を続けながら転職する方法>があります。 いずれも一長一短があるようです。

ここでは、看護師の転職活動2パターンのメリット・デメリットをご紹介いたしましょう。

まずは<退職してから転職活動をする方法>を見てみましょう。 メリットは、求人を探したり履歴書や業務経歴書などの作成準備や面接準備など就職対策に集中できることがあります。 また面接日程や病院訪問のスケジュールが組みやすいことも有利なポイントになります。

デメリットは、退職期間が長期でも短期でもブランクが発生してしまうことです。 また経済的には無収入期間が発生しますから当面の生活費など最低限のお金が必要になります。 すぐに転職先が決まらない場合は焦りが出て安易に妥協してしまう場合もあります。

次に、<退職せずに仕事を続けながら転職する方法>はどうでしょうか? メリットは、毎月の収入がありますから経済的や時間的にゆとりを持って転職活動ができることです。 もしも期待している求人がなければ、転職活動をストップすることもできます。

デメリットは面接の日程や病院訪問の時間調整が自由にできないことです。 また求人探しや履歴書や業務経歴書の書類作成準備や面接準備の時間が取りにくいことです。 地方から上京して転職したい場合やUターン転職を希望する場合は、より一層スケジュールはタイトになります。

転職パターンに迷いがある場合は、最初に<退職せずに仕事を続けながら転職する方法>をして様子をみて、いずれが良いか判断しても良いです。 看護師専門の転職サイトに相談してアドバイスをもらう転職作戦も最近では一般的になっています。

大部分の看護師は収入がない期間を避けたいですから、<退職せずに仕事を続けながら転職する方法>をして途中から無理が生じ<退職してから転職活動をする方法>に移行するパターンも多いです。

以上、看護師の転職活動2パターンのメリット・デメリットをご紹介いたしました。 初めて転職するケースは転職活動のイメージがつかみにくいでしょうから、<退職せずに仕事を続けながら転職する方法>でリスクを抑えながらやってみると良いでしょう。